FC2ブログ
ゆったり、まったりを信条に暮らしています!
マルチデバイスに対応した電子カタログ制作サービス「eCata(イーカタ)」
2014年04月16日 (水) | 編集 |
最近ではカタログやパンブレット作りにデジタルカタログというのが多く使われています。
電子カタログ制作をする企業も増えるなか、効率よくお金を最小に抑えてのデジタルカタログ作りが本題となってきます。
そこでいいのがマルチデバイスに対応した電子カタログ制作サービス「eCata(イーカタ)」です。
通常制作するには、FLASHとHTML5を使ったコンテンツを別々に制作して公開することがあります。ですがこれだと費用や運用の手間が多くかかってしまい、いろいろな面で効率の悪いものとなってしまいます。
「eCata(イーカタ)」では、カタログデータ一式の中にFLASHとHTML5、さらにネイティブアプリのビューアまで組み込んだトライブリッド形式を使用しているので効率よくマルチデバイスに対応可能となります。

eCataでは、お客のニーズに合わせた3つの制作プランがあるようです。
FLASH、HTML5、ネイティブアプリなどメリットやデメリットを把握して最適なものでぜひ制作してみてください。

マルチデバイスに対応した電子カタログ制作サービス「eCata(イーカタ)」を開始。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック